So-net無料ブログ作成

死亡消費税とは ブログトップ

死亡消費税とは [死亡消費税とは]

死んだときに「消費税」を取られる死亡消費税が導入されるかもということを初めて知りました。

「死亡消費税」は、死亡時点で残った遺産に一定の税率をかけて徴収する税金です。


例えば遺産として、親の住居、評価額3,000万が残った場合、死亡消費税として現状であれば5%、150万円の請求が届く。これがもし10%まで値上がりすると300万円の請求となる。

また、平成27年1月1日以後の相続から相続税の基礎控除の縮小もあり、遺族の負担は更に大きくなる見通しです。



























共通テーマ:ニュース
死亡消費税とは ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます